金属アレルギーのお話

金属アレルギーのお話

私たちの生活に欠かせない「金属」。女性にとって一番身近な金属といえばアクセサリーではないでしょうか。
アクセサリーを購入するとき、初めて身につけるときに金属アレルギーの心配をしたことがある方もいらっしゃることと思います。
ここでは自身の体験を含め、金属アレルギーについてお話ししたいと思います。

アレルゲンは金属ではなくたんぱく質
金属アレルギーというと、お肌と金属の相性が悪いためにトラブルが起きる。と思われがちですが、
原因は金属そのものではなくたんぱく質にあります。
金属が汗などでイオン化して溶け出し、体内のたんぱく質と結合して「アレルゲンとなるたんぱく質」に変異します。
「アレルゲンとなるたんぱく質」=「異物」なので、免疫細胞は排除しようとします。
これが金属アレルギーなのです。
私もそうなのですが、特に夏場や汗をかく季節は金属アレルギーの症状が強く現れることが多いです。
症状もさまざま
私の場合、身につけて数分で、周辺がカーッと熱を持ち、激しい痒みに襲われます。
掻くことでお肌が赤くなり、湿疹が現れます。
アレルゲンであるアクセサリーを外すと症状は治まりますが、今度は大丈夫かな?と思って身につけてみても
また同じ症状が出ます。これは「感作」といい、体が異物を記憶しているために同じ症状がでることです。
一度感作されると金属アレルギーは治らないので、アレルギーが出そうなアクセサリーは
身につけないようにするなど、注意が必要です。
ORSETTAのアクセサリーと金属アレルギー
金属アレルギーはORSETTAがスタートしたきっかけでもあります。
金属アレルギーのために、なかなか欲しいアクセサリーが見つからない。それなら作ろう。
と彫金工房の門戸を叩いたのが始まりでした。ちなみに私はニッケルにアレルギーを持っています。
ORSETTAでは金属アレルギーになりにくいと言われている14kgf,silver925を中心に使用し、製作をしています。
※金属アレルギーは個人差が激しく、全ての方にアレルギーが出ないというわけではありません。
心配な方は医師にご相談の上、アレルギーテスト等を受けていただくことをお勧めします。

ランキング

  1. 大粒フラットラウンド淡水パールの一粒ピアス

    大粒フラットラウンド淡水パールの一粒ピアス SOLD OUT

    1
  2. 一粒バロック淡水パールのキドニーフックピアス

    一粒バロック淡水パールのキドニーフックピアス 5,700円(税込)

    2
  3. ベビーパールの一連ネックレス

    ベビーパールの一連ネックレス SOLD OUT

    3
  4. 極小シルバーパールのラインネックレス

    極小シルバーパールのラインネックレス SOLD OUT

    4
  5. ホワイト淡水パールのスルーネックレス

    ホワイト淡水パールのスルーネックレス 6,300円(税込)

    5
  6. K18バロック淡水パールのスタッドピアス(M)

    K18バロック淡水パールのスタッドピアス(M) SOLD OUT

    6
  7. ぽってり淡水パールのスタッドピアス

    ぽってり淡水パールのスタッドピアス SOLD OUT

    7
  8. K18バロック淡水パールのスタッドピアス(S)

    K18バロック淡水パールのスタッドピアス(S) SOLD OUT

    8
  9. 小粒淡水パールのネックレス(バロック)

    小粒淡水パールのネックレス(バロック) SOLD OUT

    9
  10. 大粒バロック淡水パールの一連ネックレス

    大粒バロック淡水パールの一連ネックレス 12,000円(税込)

    10

グループから探す